ファミリー

繊細な赤ちゃんの肌に合うベビー用品を選ぼう

安心して使っていくために

水

水分補給は赤ちゃんにとって大切ですが、水をあげられるのは生後5か月以降だという点を押えておきましょう。特にミネラルウォーターを購入するときは軟水であるかチェックしておくことが大切です。また節約志向の方はウォーターサーバーの使用がおすすめです。

ベビーのためにできること

ベビー用品

安全なものを選びましょう

小さくてデリケートなベビーには、衣類やお世話グッズを選ぶ際に安全で安心して使えるものを選ぶようにしましょう。我が子へはもちろんですが、知人や親戚の子供への贈り物だって、素材や品質を重視してベビー用品を選ぶことで、受け取ったママは大喜びです。肌に直接触れる衣類やオムツだって、ちょっとゴワついた素材だと肌がかぶれたり乾燥してしまうことがあるのです。ベビーの肌着や衣類にこだわるママの中には、洗濯洗剤にもこだわって、大人用の衣類とベビー用衣類と分けて洗濯する人もいるほどです。国産や国内縫製のものは品質が良く、サイズ表示のタグが肌に触れないよう外側に付けられているなどの配慮がされているので、国産は人気が高いです。一昔前なら過保護だとか神経質と言われそうですが、ベビー用品に対する意識は確実に変わってきています。車を乗る人なら必ず用意しなければいけないベビー用品といえばチャイルイドシートですが、安全性はどんどん高まり、乗っているベビーの快適さも向上しています。ベビーは体温が高く、大人と体感温度も違い汗をかきやすいので、通気性の良い素材や、洗濯のためにカバーを取り外ししやすいチャイルドシートがおすすめです。用意しなければいけないベビー用品はたくさんありますが、どういったものを選ぶのかは、安全かどうか、ベビーが快適かどうかを基準にすることが大切です。デザインや値段も大事ですが、せっかく産まれた大切なベビーのために、ベビー用品選びは品質重視にしましょう。

合わせて作られている

赤ちゃん用品

お子さんが歩くようになったら、キッズシューズを買いそろえることになります。最近のキッズシューズは機能性に優れており、デザイン性も豊かなので贈り物としても喜ばれます。また、通販でも専門店が増えてきています。

デリケートな肌を守る

ファミリー

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、紫外線を防ぐために日焼け止めを使用すると安心です。肌への負担にならないように、使用後がしっかりと洗い流しましょう。商品を選ぶ際には、配合されている成分も確認することが大切です。