ベビー

繊細な赤ちゃんの肌に合うベビー用品を選ぼう

  1. ホーム
  2. 安心して使っていくために

安心して使っていくために

水

生後1年未満の赤ちゃんを育てている親にとって、赤ちゃんの水分補給はとても大事な対応の一つです。この時期の赤ちゃんは、母乳やミルクで水分補給を十分に賄えますが、うっかりミルクが切れてしまったり、母乳が中々でない状態の場合もあると考えられます。その場合は水を上げても構いませんが、いくつか注意が必要です。赤ちゃんに水をあげられるのは、生後5か月程度経過してからが良いと言われております。これは、赤ちゃんの胃腸の発達と関係があります。十分に発達する前に、水を上げると胃腸への負担が大きくなったり、十分吸収出来ない事があるからです。また、赤ちゃんに安心して飲ませてあげられる水も決まっております。特に市販で売っているミネラルウォーターを購入する場合は、軟水を選ぶ事が重要です。硬水はミネラルが多く含まれておりますが、赤ちゃんにとっては吸収しずらいのでお腹を壊してしまいやすいのです。また、ウォーターサーバーを使用する手段もあります。ウォーターサーバーは純水を使用しているので、赤ちゃんの胃腸に負担がかかりやすい添加物が入っていない場合が多いです。従いまして、赤ちゃんに安心して飲ませてあげる事が出来ます。ウォーターサーバーは、基本無料レンタル方式でメンテナンス代もかかりません。必要な代金はお水代だけなので、経済面でもとても助かると思います。ミネラルウォーターやウォーターサーバーは、ミルクを作る際にも使えますので、使用範囲はとても広い商品です。