ベビー

繊細な赤ちゃんの肌に合うベビー用品を選ぼう

  1. ホーム
  2. デリケートな肌を守る

デリケートな肌を守る

ファミリー

基本的な使用方法と選び方

赤ちゃんの肌はデリケートでさまざまな刺激によってダメージを受けやすいのが特徴です。昔は、赤ちゃんを適度に日光浴させることが一般的でしたが、紫外線が強くなっている現代では外気浴が推奨されています。赤ちゃんにとって紫外線は肌へのダメージを招くリスクが高いため注意が必要です。外出できる月齢になると、買い物や公園などで出かけることが増えますが、その際には日焼け止めを使用することで肌への負担を軽減することができます。ドラッグストアやインターネット通販でも手軽に購入できる日焼け止めですが、商品を選ぶ際には含まれている成分にも気を配りましょう。紫外線を防ぐ効果などによってSPFの数値が異なりますが、日に当たる時間や日差しの強さによっては数値が低くても十分な効果を得ることができます。使用方法は、大人が使用するものと同じように顔や腕など露出する部分に薄く塗ります。スプレータイプもありますが、目に入ってしまうリスクもあるためクリームタイプの商品のほうが簡単に塗りやすく量も調整しやすいのが特徴です。使用後は、肌に成分が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。日焼け止めだけに限らず、赤ちゃんが身につける衣類を洗う洗剤や離乳食など、含まれている成分をしっかりと確認することが大切です。消費の質を安定させるために、さまざまな添加物が含まれている商品も少なくありません。敏感肌やアレルギー体質の場合、それらが刺激となることも多いことを知っておきましょう。日焼け止めを選ぶ際には、ノンケミカルや石鹸で簡単に落とせるものを選ぶと、赤ちゃんはもちろん大人も安心して使うことができます。